金融について知り、上手に金融機関と付き合いましょう。

2013年02月19日

ノーローンの審査

お得なキャッシングとして最近人気のノーローンですが、借り入れの審査についてはどのようになっているのでしょうか。
ノーローンの審査のときに必要なものは、借りる人の名前、住所がわかるものです。
住民票、運転免許証、健康保険証、パスポートなどを使うことができます。
公共料金の領収証でも構いません。20歳以上69歳までの成人が利用することができるとなっていますので、ノーローンは未成年だと利用できません。
一定した収入が継続してあることも重要になります。在籍確認のために勤務先に問い合わせされることもありますが、会社名は名乗りませんので安心しましょう。
同じ勤務先には最低でも1年以上は勤務していることが望ましいといいます。
ノーローンの申し込みは、200万円以上の年収があれば、パートやアルバイトでもすることができます。
50万円以上融資を受けたい場合には、所得証明書が必要なので注意しましょう。
審査の際に一番のポイントになるのは、過去の借り入れ履歴です。その人がどのぐらい借金を有しているのか、過去に返済を滞納したことはないか、自己破産履歴などがチェックされます。
借り入れについては年収の3分の1までを借りることができます。
ここには他社からの借り入れは含まれ、住宅ローンやマイカーローンは除外されます。
ノーローンのサイトで借り入れ可能かお試し診断をすることができますので、一度試してみるのもおすすめです。
posted by 金融コージー at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

ノーローンのメリット

ノーローンは利子なしのキャッシングとして話題になっていますが、どのようなメリットを受けることができるのでしょうか。
ノーローンは7日間利息がかかりませんので、給料日まであと数日で融資を受けたいというときには、非常にお得に融資を受けられます。
初めて利用する人だけが利息がかからないというわけではありません。
完全に返済が終わった後の月であれば、また7日間は無利息でキャッシングできるのがメリットです。
ノーローンの金利は9.5%〜18%となっており、利子が非常に安いのですが、これは銀行系キャッシングであるためです。
サービス面でも即日振込やネットに銀行口座がある場合には24時間振り込み可能と非常に充実しています。
借り入れや返済をする際には、最寄りのATMなどから行なうこともできます。
実際にノーローンの手続きをするときにはネットがあるとより便利です。
インターネット環境のない人は、自動契約コーナーも使えます。
ノーローンには利息に応じてポイントがつくポイントサービスがあり、お得になっています。
このポイントは、ネットマイルやGポイントのポイントとしてもらうことができます。
クレジットカードでの買い物によってではなくキャッシングでポイントが付くのは、特徴的だといえるでしょう。
ノーローンの最大のメリットである7日間無利息キャッシングの特徴を生かして、賢いキャッシングをしましょう。
posted by 金融コージー at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

ノーローンとは

ポイントサイトなどでノーローンという言葉をよく目にします。
新生銀行の関連会社である金融会社であるシンキ株式会社が取り扱っています。
2000年にシンキ株式会社は一部上場を果たし、その後新生銀行と業務提携契約を結んでいるため、ノーローンは銀行系に分類されています。
ノーローンは、ネットで申し込むことができ、融資の即日性、低い金利、高い融資限度額などを特徴としたキャシングです。
1週間の間利息を取らないという特徴を持ったノーローンは、キャッシングの業界では革新的な商品でした。
全額返済した月の翌月以降なら、何回でも無利息で借り入れ可能です。
利息のかかり方を考えれば、ノーローンは数日単位でお金を借りたい人や、急いでお金を用立てたい人向けのキャッシングであると言えます。
お金を借りた日から7日後までに返せば無利息になるからです。
ノーローンのサイトや電話などで申し込みすれば、即日の融資を受けられますので、どんな人でも気軽に利用することができるでしょう。
アルバイトをしている人やパートの人であっても、お金を借りられるといいます。
コンビニエンスストアのATMを利用したり、楽天銀行などのネットバンクなどから返済ができますので、いちいち店に行く必要はありません。
ノーローンの特徴を上手に活用してキャッシングをすれば、お得に利用することができるでしょう。
posted by 金融コージー at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。