金融について知り、上手に金融機関と付き合いましょう。

2013年03月27日

クレジットカードでキャッシングする時の注意点

クレジットカードでキャッシングをする場合は何に留意するといいでしょう。
最近はクレジットカードを持つ人が珍しくなくなっており、普段のショッピングなどでも活用されています。
クレジットカードは、商品を購入する時だけでなく、キャッシングにも活用されています。
クレジットカードを利用してキャッシングをする場合、クレジットカードに設定されているキャッシングの限度額が用いられます。
クレジットカードでお金を借りたいという時に審査があるのではなく、カードを発行した時にはキャッシングの審査も終わっています。
キャッシングサービスをクレジットカードで使う時には、把握しておきたいことがあります。
キャッシングをしても、利用条件を守って返済していれば、審査に影響が出ることはありません。
ただし、クレジットカード側にしてみれば、本来のクレジットサービスが本命であり、キャッシングサービスはおまけのサービス的な位置です。
そのため、毎回きちんと返済をしていても、クレジットカードをキャッシングに使いすぎるとチェックされます。
今後、別のカード会社でクレジットカードを発行してもらおうとすると、審査でマイナス査定されることがあります。
やむをえずその時だけキャッシング機能を使うのはいいかもしれませんが、慢性的にキャッシング機能を使い続けるのは考えものでしょう。
キャッシングができるクレジットカードはとても使いやすいですが、依存しないようにしてください。
posted by 金融コージー at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

キャッシングのできるクレジットカード

クレジットカートでキャッシングができるものがあります。
クレジットカードはごく一般的な存在になっています。
手持ちの現金がなくても決済手続ができることがクレジットカードの利点ですが、キャッシングとしても使えるカードもあります。
クレジットカードの発行時、顧客に対してカード会社が取り決めたキャッシングの限度額があり、その金額以下であれば何回でも現金を借りることができます。
現金が必要な時は、クレジットカードで融資が受けられるといううれしいサービスです。
貸付条件に基づき、金利によって決定する利息をつけてお金を返します。
金利18%で融資を行っているキャッシングを利用し、10万円を10日間借りたとすると、利息は493円であり、返済総額は10万493円です。
キャッシングで借り入れ可能な金額と、クレジットとして使える金額は違うことが多いようです。
多くの場合、キャッシングの利用限度額はクレジットカードの金額ほど高くありません。
クレジットカードの利用明細が届く時に、限度額や金利も書かれていますので、チェックしてみてください。どんな条件で借り入れが可能なのか、クレジットカードごとに条件は差がありますので、個別に調べておくことといいでしょう。
キャッシング専用のカードよりも、クレジットカードをキャッシングに使う時の方が借入金額が少なく、短期間の借り入れに適しているという傾向があるようです。
posted by 金融コージー at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

キャッシングとクレジットカードの違い

クレジットやキャッシングを利用する人がふえていますが、キャッシングとクレジットはどう違うのでしょう。
クレジットカードは、信用力に応じて金銭サービスを受けることができるものであり、クレジットという言葉は信用を意味します。
クレジットカードがあれば、現金の持ちあわせがなくても決済を行うことができます。
クレジットカードには、旅行傷害保険やポイントサービスなどの特典が付帯しているものも少なくありません。
信販会社や、クレジットカードの発行会社からカードを作ってもらうことができます。
一方、キャッシングとは現金の融資を受けられるというものです。
お金を借りるサービスを、クレジット会社や信販会社、消費者金融会社から受けるというものです。
クレジットカードは買ったものの支払いを遅らせてもらうことで、キャッシングは借金をすることといえます。
キャッシングカードとクレジットカード、どちらのカードとしても利用できるような金融商品を取り扱っている会社も存在しています。
とはいえ、クレジットカードでキャッシングサービスが受けられる場合、キャッシングの利用限度額は低めになっています。
キャッシング会社の発行するキャッシングカードは、キャッシングサービスのみという傾向があります。お金を借りる手続きを、ATMにカードを入れて行うことができます。
キャッシングカードがあればそれなりの金額の借り入れができますし、クレジットカードなら状況に合わせた使い分けが可能です。
posted by 金融コージー at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。